事務所開設3周年御礼

 

所長の高田です。

 

 

お蔭様で、本日で当事務所を開設して3周年となりました。

 

関わらせていただいている全ての皆様に御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

 

2年間の研修医後に1年間行った産業医実務修練で、私は巡回健診で多くの

中小規模事業場を訪問しましたが、その時からそういった事業場の

健康管理に携わりたいと思ってきました。

 

その後6年間の専属産業医時代、2年間の病院勤務時代がありましたが、

ずっとこういった中小規模事業場の嘱託産業医業務を行う事務所の開設を

イメージしていました。

 

しかし、いざ事務所を開設しようと思った時、現実問題としてビジネスと

して成り立っていくのか?という大きな不安がありました。

 

その点も含めてずっとイメージしてはいましたが、何のコネもなく、

また私の悪いクセですが、いつも誰にも相談無く1人でやってみようと

思ってしまうので、何から手をつければいいのか全く分からず、

五里霧中の状態でした。

 

しかし、やるんだったら体力も気力も充実している30代のうちに少しでも

やっておきたいと思い、40歳を直前にした3年前に病院を退職しました。

 

そうやって退職前に悩んでいた時、知り合った健診機関の方々から、

嘱託産業医の仕事をいくつか紹介していただき、自分自身でも仕事を

少し確保し、5件の企業様の嘱託産業医活動から、

高田労働衛生コンサルタント事務所はスタートしました。

 

 

私は子供の頃からプロレスが好きで、プロレスラーが喜んでくれる人が

居るならば、どこまでも地方を巡業していく旅芸人のような姿に、

一つの真実があるのではと昔から何となく思っていましたので、

私も予防医学の旅芸人として、どこまでも産業医として訪問しようと

固く決心していました。

 

現実問題として、生活がかかっていたこともありましたが、依頼される

仕事は、どの場所であろうが基本的には全て引き受ける覚悟でやろうと

思ってきました。

 

私より優れた産業医の先生はたくさんいらっしゃいますが、どのような

事業場でも、どのような産業医業務でも、全力でコツコツやっていくのが

の唯一の強みだと思い、この3年間なんとかやってまいりました。

 

仕事自慢をしたい訳ではありませんが、病院勤務時代から今日までの

5年間、私は2泊以上の旅行はしていません。

 

専属産業医から病院勤務に変わる時、かなりの勇気を必要としましたし、またそこから事務所を開業するには更なる勇気を必要としましたので、

遊んでいたらバチが当たると思い、自分自身を戒める意味で、今日まで

修行だと思い、せめて旅行を自粛しようと思ってやってきました。

 

また土日や祝日であろうと、お盆や大晦日や元旦であろうと関係なく、

仕事があれば引き受けようと思い、それは今でも変わっておりません。

 

一生懸命やれば、私のような者でもなんとか3年間やってくることが

出来たことは本当に嬉しく思いますし、またこの3年間で携わった方々に

たくさん助けていただきました。

 

 

事務所のホームページも、最初はどうすればいいか分かりませんでした

が、知人がこの無料ホームページ作成ツールを紹介してくれました。

 

パソコン関係がからっきし弱い私にとっては、大変有難かったです。

紹介してくれた知人には心から感謝しています。

 

ホームページ作成を業者さんに依頼しようかとも思いましたが、自分自身

で自分の想いを直接伝えたいという気持ちが強く、結局現在に至るまで

独力でのホームページ作成となっています。

 

そのせいで、見づらいホームページとなってしまっていますが、どうか

ご容赦ください。

その分、私の想いは100%つまっております。

 

 

ということで、とりとめもない文になってしまいましたが、これからも

全力で頑張って、少しでも産業医活動や予防医学活動に貢献していきたい

と思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

高田労働衛生コンサルタント事務所

http://www.takadaoffice.com


高田労働衛

コンサルタント事務所

名古屋市中区丸の内2丁目 

(地下鉄丸の内駅2番出口徒歩1分)

事務所スタッフ

    所長  高田 幹 

      猫所長  マハロ 

イベントのお知らせ

アクセスカウンター

counter since  2015