健診機関との連携

 

所長の高田です。                           

 

 

今日は午前に乳がん検診業務を行った後、午後から名古屋市の事業場に

出務し、深夜業健診の診察を行いました。

 

本日訪問した事業場では、健診機関に委託し巡回健診で健診を行われて

いますが、費用抑えるために、診察のみを産業医の私に行ってもらえ

ないか、とご依頼をいただきました。

 

健診機関にとっても、巡回健診で最も大変なのは診察医の確保ですし、

産業医が診察を行ってくれるのであれば、請求費用も下げることもでき、

大変有難いというスタンスでした。

 

ただ今回のケースでは、深夜業健診の対象者がそれほど多くはありませんでしたので、私が診察してもコストの削減にはならなかったのですが、

せっかくのご依頼でしたので、当方の報酬を調整し、コストダウンが達成出来ました。

  

ただ私としても、15名ほどの社員さんと直接話す機会ができ、保健指導も出来ましたので、産業医としては貴重な時間となりました。

 

 

今回のように企業・産業医・健診機関が適切に連携出来ると、中小規模の事業場においては弾力的な対応が可能になり、費用面・業務面の双方の

観点からの良質なサービスを、企業側に提供することが出来ると、改めて思いました。

 

これはストレスチェック業務にも当てはまることだと思いますので、

今後も嘱託産業医活動においては、担当の健診機関とは出来る限り連携を

密にして、活動をしていきたいと思います。

 

  

明日は先月の静岡出張に引き続き、日本人間ドック学会のサーベイ業務で

福岡へ日帰り出張です。

 

今月はメンタルヘルス関連業務が非常に多く、忙しい日々でしたが、

来月からは新たに3件の事業場で嘱託産業医活動が始まります。

 

来月は健康講話も4件入っており、資料作成などで少し息切れ気味ですが、とりあえず5月の連休までは頑張っていきます。

 

 

高田労働衛生コンサルタント事務所

http://takadaoffice.jimdo.com


高田労働衛

コンサルタント事務所

名古屋市中区丸の内2丁目 

(地下鉄丸の内駅2番出口徒歩1分)

事務所スタッフ

    所長  高田 幹 

      猫所長  マハロ 

イベントのお知らせ

アクセスカウンター

counter since  2015