全国労働衛生週間

 

所長の高田です。

 

本日から1週間、全国労働衛生週間です。

 

 

安全活動と比較すると、衛生活動は緊急性や健康障害発生時の被害の大きさという点では問題点が目立ちにくいため、つい見過ごしがちになっている事業所も多いように感じます。

 

しかし、脳・心疾患や精神疾患、腰痛、じん肺や溶剤中毒、職業がんなど、日ごろの衛生活動の不徹底が大きな疾患に結びつくこともあります。

これらは対策が法律で定められている場合もあり、従業員への安全配慮義務遵守という観点からも、非常に重要なポイントになります。

 

また衛生活動の原点ともいえる5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)活動は、事故防止や感染症対策になることはもちろん、快適な職場環境づくりにも寄与し、メンタルヘルスの面にも好影響を与えます。

 

全事業所に共通する衛生活動の具体的項目を以下のように考えます。

 

 

  1. 定期健康診断の実施と事後措置(生活習慣病対策)

  2. 長時間労働対策(脳・心疾患対策)

  3. メンタルヘルス活動の推進

  4. 感染症(結核、インフルエンザ、食中毒、麻疹・風疹)対策

  5. 喫煙対策(分煙の徹底、禁煙の推進)

  6. 腰痛予防対策

 

 

ぜひこの全国労働衛生週間において、今一度皆様の事業所における衛生活動を振り返っていただき、更なる充実を祈念しております。

 

 

事業所における衛生活動の推進について、無料相談も承っておりますので、ご希望の事業所様は、お問い合わせフォームからお気軽に御連絡ください。

 

 

 

高田労働衛生コンサルタント事務所

http://takadaoffice.jimdo.com/

 

 

 

高田労働衛

コンサルタント事務所

名古屋市中区丸の内2丁目 

(地下鉄丸の内駅2番出口徒歩1分)

事務所スタッフ

    所長  高田 幹 

      猫所長  マハロ 

イベントのお知らせ

アクセスカウンター

counter since  2015