メンタルヘルス研修

所長の高田です。

今日は認知行動療法の研修に行ってきました。


産業医活動においてメンタルヘルス活動は今や必須となりつつあります。

私も数多くの復職面談やフォロー面談を今まで行ってきましたが、産業医に求められる能力は、精神医学よりも、むしろ心理学という気がします。言うならば臨床心理学でしょうか。

もちろん精神医学と心理学は大きく交わっておりますが、メンタルヘルスの現場では、産業医にはカウンセリング能力がより強く求められるというのが、私の経験上の結論です。


精神科の専門医であっても、カウンセリングを重視しない医師である場合、企業のメンタルヘルスの現場に必ずしもフィットしないということが、しばしば見受けられます。

産業医はメンタルヘルスの体制づくりだけに力を入れるのではなく、クライアントと向かい合い、問題を解決していくことを地道に行っていく必要があります。

そのため産業医は、カウンセリング能力を向上させるよう努めなければいけないというのが私の考えで、本日はその一環としてセミナーに参加してきました。


臨床心理士の先生による、睡眠障害の認知行動療法についてのセミナーを受講しましたが、実践的な内容で、また過去の文献も織り交ぜての話を聴くことが出来て、大変参考になりました。

メンタルヘルスの現場における面談はもちろんのこと、人間ドック健診やクリニックにおける診療業務においても応用してみたいと思える内容でした。

今後少しずつ、傾聴と認知行動療法、そして加速度脈波を使用した自律神経機能評価を組み合わせたメンタルヘルス面談をやっていきたいと思案しています。



高田労働衛生コンサルタント事務所
http://takadaoffice.jimdo.com

 

 

 

 

高田労働衛

コンサルタント事務所

名古屋市中区丸の内2丁目 

(地下鉄丸の内駅2番出口徒歩1分)

事務所スタッフ

    所長  高田 幹 

      猫所長  マハロ 

アクセスカウンター

counter since  2015