メンタルヘルス―「お互いを尊重する」―

所長の高田です。

 

 

今や産業医業務において、メンタルヘルス関連業務は必須になっています。

厚生労働省も様々なガイドラインや手引きを作成し、事業所、特に中小規模事業所のメンタルヘルス活動導入を積極的に推奨しています。

 

メンタルヘルスというと、精神医学の専門分野と思われがちですが、必ずしもそうではないと私は考えています。

なぜならば、私たちが大勢の人間と共同体を形成して生活をする以上、様々な感情が交錯するのは当然でありますので、メンタルヘルスは何も特別なことではなく、誰もが抱えている非常に一般的なものであるからです。

 

つまり、メンタルヘルスを専門分野としてあまり聖域化してしまうと、本当は全員が抱えている一般的な問題を、逆に触れにくいハードルの高いものとしてしまう危険があると思います。

 

もちろん我々産業保健医療職には、メンタルヘルスに関する一定の知識が必要ではありますが、あまり構えずぎてメンタルヘルス活動に関するハードルを上げすぎないよう、肝に銘じなければいけないと思っています。

 

企業内でメンタルヘルス活動を行う際には、時には精神医学の専門家にアドバイスを求めることがあったとしても、社員全員が日常生活で一般的なこととして向き合あえるような啓発活動が重要になってきます。

 

 

企業の現場において産業医には、精神疾患の細かい分類を診断することよりも、目の前の悩みを抱えた社員さんの気持ちに寄り添いながら、悩みを理解するよう心掛け、そして上司・人事といった社内スタッフの立場・考えにも寄り添い、時には精神科主治医との橋渡し役を果たしつつ、解決法を模索していくというプロセスが求められます。

 

その際には、それぞれの立場で物事を極力フラットに見るよう心がけることが、強く求められます。

 

つまり「お互いを尊重する」という人間関係の原点を、より強く意識するということです。

 

しかし、それは何も産業医だけが求められることではなく、私たち全員が社会生活を営む上で、円滑な人間関係を作り上げていく上で必要なことであり、多くの方が意識せずとも自然と行っていることだと思います。

 

ただ、時にはお互いの利害の主張が強く衝突することもあり、人間関係に歪みをきたすこともあり ます。

そのようなトラブル時には、普段自然と出来ていることが、意外と分からなくなってしまい、出来なくなることがしばしばあります。

 

その際には、「お互いを尊重する」という原点を、お互いがいかに早く再認識して回帰出来るかが、健全なメンタルヘルスを維持するためのポイントになると思います。
 

 

私がメンタルヘルス活動で心がけていることは、体制づくりもありますが、この「お互いを尊重する」という風土づくり・啓発活動です。

 

日頃から啓発活動を続けることで、皆様が人間関係に困った時には「お互いを尊重する」という原点に素早く回帰し、健全なメンタルヘルスを維持出来るよう、サポートしていきたいといつも願っています。

 

 

 

高田労働衛生コンサルタント事務所

http://takadaoffice.jimdo.com/

 

 

 

高田労働衛

コンサルタント事務所

名古屋市中区丸の内2丁目 

(地下鉄丸の内駅2番出口徒歩1分)

事務所スタッフ

    所長  高田 幹 

      猫所長  マハロ 

アクセスカウンター

counter since  2015