産業医業務

所長の高田です。

早いもので、もう11月ですね。

 

高田労働衛生コンサルタント事務所を開設してから早4か月が経過しました。
多くの方のお力添えのおかげで、毎日愛知・岐阜・三重の事業所を産業医として、入れかわり立ちかわり訪問させていただいております。

 

 

産業医業務と一口に言いましても、それぞれの事業所の業務によって、特色が出てきます。

 

製造系の工場という事業所であれば、やはり安全管理がメインとなり、安全

衛生委員会・職場巡視に多くの時間が割かれます。

 

衛生管理については、各種溶剤の使用状況や保護具・局所排気装置の確認、作業姿勢の確認など、作業内容そのものに関するチェックを中心に行います。

 

 

一方、オフィスビル内の事務所という事業所であれば、安全に関するリスクは小さいので、衛生管理がメインとなってきます。

 

衛生管理における職場巡視では、VDT(パソコン)作業における作業姿勢や、整理整頓・照度といった作業環境の確認、室内の室温・湿度・換気の管理状況、分煙の状況、救急対策などについて確認します。

 

事務所における職場巡視は、工場のような場所に比べると時間的に早く終わることが多いので、その分、健康診断の事後指導やメンタルヘルス面談、長時間労働者面談といった、個人面談に時間を割きます。

 

 

しかし、どのような事業所であっても、労働者の方の安全と健康を守るという目標は変わらないので、衛生管理面が弱いことの多い製造系の事業所では、衛生管理面にも指摘を心がけ、逆に安全管理面が弱いことの多いオフィスビル内の事務所においては、安全管理面にも指摘をするよう、常に心がけています。

 

また、産業医業務内容に多少の差異はあったとしても、基本的には同じ内容の業務が提供できるように、常に広い視野を持つようにしています。

 

 

産業医業務を行うにあたっては、医師が自身の専門性を理由に業務を選り好みするのではなく、安全管理・衛生管理・健康管理に広く知識を持つように心がけ、事業所の長所を伸ばしつつ、短所を無くしていくように努めながら、事業所の要求に積極的に応えていくことが必要だと思います。

 

 

私もこれからも勉強を忘れず、知識の習得に努めていきます。

 

 

明日は横浜の方に産業医学に関する研修会に行ってきます。

 

頑張ってきます。

 

 

 

高田労働衛生コンサルタント事務所

http://takadaoffice.jimdo.com/

 

 

 

高田労働衛

コンサルタント事務所

名古屋市中区丸の内2丁目 

(地下鉄丸の内駅2番出口徒歩1分)

事務所スタッフ

    所長  高田 幹 

      猫所長  マハロ 

イベントのお知らせ

アクセスカウンター

counter since  2015